梅毒は鼻がもげる!?感染すると現れる症状の4段階

梅毒に感染したら、経過した期間によって症状が変化します。

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

梅毒は、性器や肛門、口の中などの皮膚や粘膜の小さな傷から「梅毒トレポネーマ」という病原菌が侵入することで感染します。

 

感染して現れる症状は男性も女性も同じで、感染してから経過した期間によって変化して、第1期から第4期までの4段階に区別されます。

 

ただ、梅毒は感染してもすぐに症状は出ません約3週間の潜伏期間をおいてから初期症状が現れ始めます(第1期)。ただし、症状が全く現れないこともあるので厄介です。

 

 

梅毒の症状の変化

第1期

(感染後3週間〜3か月)

早期顕症1期

感染した性器、肛門、口、唇などに硬いしこりができたり、太腿のの付け根のリンパ節が腫れたりします。どちらも痛みがないことがほとんどです。

 

これらの症状は、治療しないで放っておくと数週間で消えて、第2期までの潜伏期間に入ります。

 

また、症状が現れないことや、現れても気付かないことがあります。特に女性は自分の性器を見ることがないため気付きにくいので要注意です。

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

 

※この段階の症状では、梅毒とは考えつきにくいですが、検査を受けるには一番理想的な時期です。

 

第2期

(感染後3ヵ月〜3年)

早期顕症2期

梅毒の名前の由来になった揚梅(ヤマモモ)のような赤い発疹が出たりする段階です。

 

治療をしないで、感染後3か月以上が経つと、病原菌が血液に入り、全身に広がります。全身のリンパが腫れたり、発熱したり、髪が抜けたり、手のひらや足の裏、或いは全身に赤くてブツブツした発疹が出たりといろいろな症状が表れます。

 

これらの症状は治療をしなくても数週間すると自然に消えてしまいます。しかし、その後も再発と消滅、潜伏を何度か繰り返しながら、次の段階へ進行していきます。

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

 

この間は、治ったと勘違いしたり、風邪やアレルギー、風疹、麻疹などと間違ったりして、梅毒だは気付きにくいので注意が必要です。

 

第3期

(感染後3年〜10年)

晩期顕症

梅毒に感染してから、この時期まで何も治療を受けずにいると、よく言われる「鼻がもげる/落ちる」することもありえる段階です。

 

皮膚や筋肉、骨などの一部にゴムのような弾力性のある「ゴム腫」というコブができて、少しずつ大きくなりながら、周りの組織を破壊します。そして、治ると傷あと(瘢痕:はんこん)が残ります。顔にできた場合には醜い容貌になります。

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

 

このゴム腫は鼻の穴を区切る軟骨の部分にも出来やすく、それが治る過程で瘢痕が収縮することで、鼻の頭や鼻筋が陥没してしまって、見た目に鼻がもげたり、落ちたりといった状態になります。

 

第4期

(感染後10年〜)

末期の症状です。心臓、血管、脳、目などの複数の臓器が侵されて重いさまざまな障害が出ます。

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

場合によっては死亡に至ることもあります。

 

現在では、第2期までに治療を始めるとペニシリンのおかげで治療法が確立しているので、第3期、第4期まで進行すること稀で、鼻がもげたり、落ちたりすることもありません。

 

ただ、先にも触れましたが、梅毒の症状が現れない「無症候」の場合も少なくありません。感染しても気づけないので、普段の性生活で感染の可能性が高いようでしたら、定期的に検査を受けて早期発見と予防に努めるしかありません。

 

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

 

 

梅毒,検査,症状,鼻がもげる

 

身体の異変を感じたり、感染が不安になるような出来事があった場合は、できるだけ早く検査を受けましょう。

梅毒,検査,症状,鼻がもげる